Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

【衝撃】一つの時代がまた終わった… 「マッチ製造」大手の来年3月撤退決定に悲しみの声

芸能人

【衝撃】一つの時代がまた終わった… 「マッチ製造」大手の来年3月撤退決定に悲しみの声

■最近めっきり見る機会が少なくなった「マッチ棒」

 

筆者が子供の頃は、まだそこら中にあふれていた「マッチ」。地元が雪国だったこともあり、冬には毎朝小学校の教室に設置されたストーブにマッチで火を付けていた記憶があります。

しかしながら、最近は使い捨てライターなどの普及に伴い、あまり見る機会がなくなってきました。お店でもほとんど売っておらず、たまに居酒屋のレジ付近で無料のマッチが置かれている位です。

 

ついに一般販売開始!性欲に逆らえない女を作り出す 
【最強媚薬エロティカセブン】     
AVでも使われている業界でも話題の媚薬です。 



そんなマッチですが、また一つ時代の変化を感じるニュースが飛び込んできました。

■マッチ最大手「兼松日産農林」のマッチ製造撤退

東証一部上場企業の「兼松日産農林株式会社」。平成28年10月1日に兼松サステック株式会社に社名を変更予定です。

この名前だけ聞いても、「?」とあまりイメージが湧かない方がほとんどかと思いますが、同社が作っているマッチを見れば考えが変わると思います。

桃、燕、象などのパッケージが印象的なマッチを製造

日本国内でのマッチ製造は明治時代に開始されました。当社の生産拠点は兵庫県の淡路島にあります。当工場は明治38年の創業で、現在までに100年を超える歴史を有します。

現在市場に出ているマッチの商標は、ほとんどが明治時代に作られたもので、代表的な図柄は、桃印、燕印、象印、馬首印、筍印、エビ印です。
発売当初から商標には地域性があり、北海道から沖縄まで、それぞれの地域ごとに販売しています。

兼松日産農林HPより。

どうでしょう、見たことがあるデザインじゃありませんか?筆者も詳しくは知りませんでしたが、これらの商標は地域ごとに違ったんですね!

その商標のルーツは非常に入り組んでおり…

明治10年代初期、マッチの商取引きは、総てマッチラベル(商標)によって行なわれ、製品の品質を表わす重要な役割を果たしました。独創的なすばらしいラベルは、国外にまで販路を飛躍させ、国際的な信頼を得ることができました。反面、安価で粗悪な類似ラベルが模倣され、市場に混乱を招きました。そこで明治17年6月に「商標条例」が公布され、ラベルの商標登録がなされるようになりました。

当時のマッチメーカーは「清燧社」「良燧社」「直木燐寸」「東洋燐寸社」「公益社」など多数にわたります。これらのマッチメーカーは、いずれも昭和2年に世界のマッチを支配していたスウェーデン資本の傘下となり、我国の市場の80%を占めていました。しかし、昭和7年にスウェーデンマッチ社は、事業に失敗し鮎川義介の「日産コンツェルン」に継承され、今日の「兼松日産農林」に引き継がれました。

こういった経緯で、様々なマッチの商標は兼松日産農林に引き継がれたんだとか。

兼松日産農林と同社前身の会社は、マッチ最盛期に約4,000のマッチ商標登録がありました。当時は着色限定という制度があり、同じ商標でも色違いで別個に登録がなされております。デザインのパターンからすると約1,000種くらいです。

その中から、デザインの良いもの色彩のきれいなもの約120点を復刻版ノスタルジアマッチとして製造販売しております。

現在販売されたのは、過去の数々の商標を復刻したものだったようです。

■そんな兼松日産農林も時代の波には勝てず…

とうとうマッチの灯が消える…

 

「桃」などの絵がデザインされたマッチ箱で知られる家庭向けマッチ製造の最大手「兼松日産農林」は、使い捨てライターの普及などで需要が落ち込んでいるため、マッチの製造から撤退することになりました。

9月27日の取締役会で、とうとうマッチの製造からの撤退が決定。

明治38年に設立された兵庫県淡路市のマッチ工場を昭和14年にほかの会社から引き継ぎ、ピーク時には15億円を売り上げていましたが、使い捨てライターや自動点火コンロの普及で需要が大きく減少し、ことし3月期では売り上げは1億8000万円程度まで落ち込んでいました。

さらに生産設備の老朽化で安定的な供給が難しくなったとして、来年3月に淡路市の工場を閉鎖し、マッチの製造から撤退することになりました。

(中略)

同社では「長い間、消費者に支持され、マッチの火を消したくないという思いでやってきたが、新しい機械の投入が行えるような市場環境ではなく、しかたなく撤退を決断した」と話しています

明治38年から稼働してきた兵庫県淡路市の工場老朽化がこの決定をする一番の理由になったもようです。確かに市場が縮小している段階で、設備投資を行う価値があるかと言われれば難しいですもんね。

■この一報に、悲しみの声が続出

なんだか寂しい…

 

 

参照元  http://spotlight-media.jp/article/330237446760523315?utm_source=spotlight&utm_medium=referral&utm_campaign=top_page

 

1

ピックアップ!

ピックアップ!

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ